Point 1 「都心16区」の希少性

マンション経営成功のポイント

マンション経営のリスクである「空室」「家賃下落」「資産価値下落」リスクなどのあらゆるリスクを回避する対策のひとつが「立地」の選定となります。東京ネットワースがご提案する立地は「都心16区」です。

東京の持つポテンシャル

東京への人口集中が続く!

今後の日本の人口増減予想でも、首都圏への一極集中化は続いていくと予想されています。現在、上場企業の約50%が本社を東京に置き、大学の都心回帰、単身者世帯の増加傾向などで今後も長期的に東京でのワンルームマンションの需要が上昇し続けると予想されています。

東京都の単身者は増加傾向

人口減少が進む日本において東京都は今後も人口増加すると予測されていますが晩婚化や離婚の増加などにより将来的には東京都の世帯数の約半数が単身者世帯になると予想されています。

ワンルームマンション供給数は十分ではない

東京都の単身者は増加しているがワンルームマンションの供給戸数は減少傾向である。

【ワンルーム規制】
課税制度や専有面積の拡大など現在ワンルームマンションの建設が難しくなっています。

東京のワンルームマンションの需要に対して供給数が足りていない!

東京ネットワースのご提案する「都心16区」とは、賃貸ニーズや資産価値評価も高く、取引金融機関からの担保評価も高いエリアとなります。都心エリア5区を中心として、今後も成長し続けることが期待できる立地だからこそ、マンション経営のあらゆるリスクを回避することができるのです。

都心エリア5区【千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区】

ヒト・モノ・カネの集積地。日本の政治・経済・ビジネスなどの中心エリア

城東・城北エリア5区【文京区・台東区・豊島区・江東区・墨田区】

企業・商業・学業・観光業など1つ1つが高水準で密集しているエリア

城南・城西エリア6区【世田谷区・品川区・目黒区・大田区・中野区・杉並区】

将来的な人口の増加、再開発、大学の都心回帰などによって資産価値の上昇が見込まれるエリア

物件卸専門業者だからできる「都心16区」に特化した立地へのこだわり

過去に提供した物件の約80%が都心16区の実績です。 ※2015年3月末時点


メガシティ東京のピンポイント「都心16区」の希少性!!

ヒト・モノ・カネの集積地、日本の首都「東京」の更に厳選された希少な立地。

徹底した立地へのこだわりによるリスク回避!!

希少性の高い立地選定により「空室」「家賃下落」「資産価値下落」などのリスクから回避。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop