Point 2 業界トップクラスの取引金融機関

マンション経営成功のポイント

低金利かつ好条件でローンを組まなければ成功出来ません。

東京ネットワースは、取引金融機関数が20社以上あります。これは、業界内でもトップクラスの取引数であり、これだけの金融機関があることで、お客様が安心してマンション経営に取り組めるご用意をしております。

当社で取引している金融機関

・ みずほ銀行

・ 三井住友銀行

・ りそな銀行

・ 三菱東京UFJ銀行

・ オリックス銀行

・ 関西アーバン銀行

・ リコーリース

・ クレディセゾン

・ ダイヤモンドアセット
  ファイナンス

・ イオン住宅ローン
  サービス

・ オリエント
  コーポレーション

・ 東日本銀行
  

・ ジャックス

・ 東京都民銀行

・ 西武信用金庫

・ 八千代銀行

その他(順不同)

不動産投資会社の平均的な取引金融機関数は?

他社平均※

金融機関の取引数  5社〜10社

東京ネットワース

金融機関の取引数  20社以上

東京ネットワースでは、お客様の状況にあわせて様々なローン形成のご提案ができます。

金融機関の取引数が多いとどうして有利なの?

金融機関の金利や条件によってお客様の収益性は大きく変わってきます。できるだけ低金利かつ好条件のローン会社と組むことが成功のカギと言えます。

そのためには金融機関の取引数が多ければ多いほど、選択肢が増えるお客様にとって有利なローン形成が可能になります。

金融機関によって融資の審査や条件が異なる

金利基準

金利タイプ

金利優遇

借入年数

年収

返済比率

賃料収入

基本掛目

倍率

限度額

対象年齢

完済年齢

勤続年数

金利見直し

団信の有無

その他

これらの要素を評価し、審査が通った場合に融資を受けることが可能となります。これは金融機関によってそれぞれ査定基準や条件がそれぞれ異なります。当社では、お客様のご属性やお考えにあった金融機関で低金利・好条件のローンをご提案する事ができます。

金利1%の違いでどれくらい差があるの?

他社と東京ネットワースの金利を比べると?


物件卸専門会社としての確かな実績

「リスク回避のできるマンション経営」をお客様にご案内し続けて早10年となります。この10年間の実績の積み重ねにより、多くの金融機関から信用・信頼を頂いております。安心と信頼の実績があるからこそ、多くの金融機関をご案内できます!

3人に2人がリピーター

『低金利・好条件の融資』『自社一貫トータルサポート』などが好評を頂き、約3人に2人のオーナー様がリピーターとしてお付き合いさせて頂いております。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop