ゆとりある老後を過ごす為の必要資金

老後のゆとりある暮らしを行うには、8500万円~1億1000万円も必要となります。
(年425万円、月35.4万円×12カ月×20年又は26年(60歳~80歳又は86歳まで)で計算)
楽しいことばかりを思い描きがちな老後の暮らしですが、受け取る公的年金額では老後生活資金を賄いきれません。
そこで早めに老後への準備を行うことがより重要となっています。

出典:
平成25年度「生活保障に関する調査」生命保険文化センター
平成25年「家計調査平均速報」総務省
厚生労働省「平成25年 厚生労働白書」

生活費の不足に対して伸びる老後の自由時間

平均寿命は女性が86.61歳、男性が80.21歳と、1950年に比べて22~25年も長寿命化しています。
また、2060年には平均寿命は女性が90.93歳、男性が84.19歳になると見込まれています。

それにともない、老後の自由時間は会社員時代の労働時間よりも長くなっております。
老後の自由時間は10万時間といわれ、会社員時代の労働時間8万時間よりも長い時間となっています。
老後の自由時間を豊かに過ごすためには、十分な準備を行うことが必要となります。

※老後の自由な時間 1日14時間×20年間 ※1日8時間労働×40年間

「健康寿命」ご存知ですか?「健康寿命」とは健康で自立して生活できる期間のことです。

平均寿命とは 10年前後の差があります

出典:
厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料」(平成26年10月1日)

将来に対して不安を抱えていても、何もしなければ意味がありません。

老後のゆとりある暮らしを送るため、老後の自由時間を快適に過ごすためには、1300万人都市・東京で行うマンション経営が最適です。


少ない自己資金で個人年金効果

個人年金保険や預貯金の運用とは異なり、マンション経営はローン返済のほとんどを家賃収入で補えるため、少ない自己資金で行うことができます。

安心した老後へ

年金に加えて毎月安定した家賃収入を得られるので、老後の長い自由時間も安心して過ごすことができます。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop