悪徳業者にしつこい勧誘をされて困っております。

国土交通省からも注意喚起が出ておりますように、迷惑行為に該当する営業手法が

社会問題にまで発展している事は、大変遺憾でございます。

 

 

マンション経営の提案の入口として電話営業を行っている会社もありますが、

真摯な対応をされている会社がある中で、一部の悪質な営業行為を行う業者が

投資マンション業界のイメージを悪くしているのも事実でございます。

 

東京ネットワースでは、新聞広告や自社サイトを通じてマンション経営に興味を持ち

不動産投資セミナーへお越し頂いて勉強をして頂き、じっくり検討を頂く営業スタイルを取っております。

 

※迷惑行為を行う営業手法は一切行いませんのでお客様のペースで安心してじっくりご検討下さい。

 

売上・利益を追求する営業会社からすると、

東京ネットワースの販売手法は失格かもしれませんが、

我々の考えとしましては、お客様の人生のパートナーとしての位置付けであり

将来に渡り長いお付き合いをする事がとても重要だと考えております。

 

本題のしつこい勧誘営業を受けて困っている人がどのような対応するのがベストなのかをまとめてみました。

参考にしてみて下さい。

 

目次                                    

1.勧誘電話が来た場合の対処方法

2.断りきれず業者と会った場合の対処方法

3.商談時に本当は断りたいのに帰らせてくれない時の対処方法

4.悪徳業者に根負けして申込みをしてしまった場合と契約解除の方法

5.しつこい勧誘をされない為の心得

6.まとめ

 

 

1.勧誘電話が来た場合の対処方法

 

勤務先に営業電話が掛かってくるケースが多いです。忙しい仕事中だろうが関係なく突然電話が掛かってきます。

マンション投資は投資商品の中では、

非常に優れたメリットが数多くございますが、お客様サイドに立って考えた場合、

タイミングや電話を受ける場所によっては迷惑行為になる事もあるでしょう。

ここで一番大事な事は『あいまいな返事で断った気にならない事』が重要です。

明確に断りをする事が絶対条件で、相手の会社名や担当名、電話番号等の会社情報もしっかり聞いてメモを取る。

電話で断る際にも、相手の会社情報を知っているという意思表示をする事も有効です。

 

2.断りきれず業者と会った場合の対処方法

 

悪徳業者には、会う前に断る事が出来れば良いのですが、

電話で話しただけなら悪徳業者かそうでないかの判断が難しいかもしれません。

まずは話だけでも聞いみようと軽い気持ちで会う人もいるでしょう。

そこで、一通り話を聞いて自分が考えていたものと違う場合や、

マンション経営の商品内容自体がそもそも興味がなかったという事もあるかもしれません。

その時の対処としても『明確に断りを入れる事』

『商品の内容をしっかり把握して断っていない』と食い下がる業者もいるかもしれせんが、

マンション経営の話を初めて聞いて数時間で全体を理解し意思決定が出来る方が珍しいと思います。

明確に断りを入れる理由は一つで良いです。

『○○だから断ります』。で良いと思います。

やらない理由は色々あるかもしれませんが、断る理由は一つでよいのです。

その方が話が広がらなくて良い気がします。

 

3.商談時に本当は断りたいのに帰らせてくれない時の対処方法

 

この様な人がいるのか?普通に断って帰ればいいじゃないか!とつっこみたくなりますが、

冷静な判断がもし出来なくなっているのであれば実は誰にでもありえる行動かと思います。

業者もプロで、そもそもこのような状況になれているのであれば、お客様の方が圧倒的に不利な状況かもしれません。

どこまでの拘束力があるのかによりますが、知人に連絡をして迎えに来てもらうのも一つの手だと思います。

それが無理なら警察に連絡をして来てもらうというのも良いかもしれません。

悪徳業者もマンションを販売するのが目的であるのなら、警察のやっかいになるのは本位ではないはずです。

サラリーマンの方は、税金もちゃんと払っているので、

身の危険を感じるのであれば警察を呼ぶ事を躊躇しなくても良いかもしれません。

 

4.悪徳業者に根負けして申込みをしてしまった場合と契約解除の方法

 

このような状況になったら、後戻りできない・・・という人もいるかもしれませんが、もちろんそんな事はございません。

クーリングオフの説明を書面を持って告げられた日から8日間はクーリングオフ期間となり、申込みの撤回は出来ます。

あくまでもクーリングオフの説明を書面をもって告げられた日が起算日なので、

クーリングオフの説明をされてないのに申込みをした場合はもちろんキャンセルは出来ます。

不動産は高額なのでこの様なケースになると違約金が莫大にかかる思ってしまいますが、

買主の不履行でのキャンセルは別ですが、

現在の宅建業法では買主保護は手厚いのでそこまで悩まなくても良い問題です。

クーリングオフを代行する会社もありますが、手続きも難しいものではないで、自分でも出来ます。

 

東京都都市整備局のサイト内にもクーリングオフの手引きがありますのでこちらもご参考下さい。

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/490p30-34.htm

 

5.しつこい勧誘をされない為の心得

 

一番重要なのは、意思表示を明確にする。断る時は誤解をされないようにしっかり断ると言う事です。

政府のインターネットテレビでも『投資マンション購入 悪質な勧誘にご注意を』という風に

紹介されている動画もございます。

動画の中でも断りをしっかり行わない為に契約を迫られたり、

長時間の商談に根負けをしてしまった例も紹介されています。

せっかくの良い商品を一部の悪徳業者の為に悪い印象を与えられる前に本サイトで

まずはマンション経営の仕組みやメリット・リスク等を勉強される事をお勧め致します。

皆様に同様な事が無いよいうに注意喚起をさせて頂きます。

 

政府のインターネットテレビ(投資マンション購入 悪質な勧誘にご注意を)

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg5251.html

 

6.まとめ

 

しつこい勧誘を受けて困っている人が一人でも減り、通常の生活に戻れる事を願っております。

東京ネットワースは上記で紹介した悪質な販売手法を取っておりませんし

お客様のペースでマンション経営をご検討する事を推奨しております。

我々はメリットだけを伝えてリスクは少しだけ伝える業者でもございません。

他社ではあまり語られないマンション経営のリスクが知りたい方は、まずは資料請求をお勧め致します。

その際にお手数ですが、申込みフォームの備考欄にリスク大全集希望と記載していただければ、

他者では得られないリスクの情報を同封致しますので、

正しい知識を持った上でマンション経営をご検討頂ければ幸いです。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop