マンション経営を生命保険として活用している人がいるって本当?

“マンション経営”“生命保険”

不動産と保険商品ですから、一見まったく違うものに思いますが、実は共通点が多く

ご質問内容にあるようにマンション経営を生命保険として運用されている方も多くおります。

なぜ、マンション経営が生命保険として活用出来るのか、その理由について掘り下げてみたいと思います。

 

machi_line2

 

《目次》

1.マンション経営の生命保険効果とは

2.なぜ生命保険として取り組む方が多いのか

3.マンション経営をすることで家計のコスト低減!?

4.まとめ

 

machi_line2

 

1.マンション経営の生命保険効果とは

 

マンション経営を始める上で、人に貸し出す用の不動産を購入する必要があります。

中には現金で一括購入される方もおりますが、

ほとんどの方は金融機関からの融資を活用して購入されます。

生命保険効果はその融資がポイントとなります。

 

ご自宅のローンと同様に、金融機関の融資を利用することで

「団体信用生命保険」に加入することが出来ます。

 

団体信用生命保険とは、ローンの返済中に契約者に万が一のことがあった場合に、

その保険からローン残債が全て支払われるというものです。

“万が一”というのは「死亡」はもちろんのこと、失明や言語障害等の「高度障害」も含まれます。

 

保険でローン残債が支払われるということは、大切なご家族には無借金になったマンションと

そのマンションから生まれる家賃収入を残してあげることができるということです。

 

それ以外にもマンション経営の団体信用生命保険の魅力の一つに、

残されたご家族の選択肢の多さが挙げられます。

 

どういうことなのか具体例を説明します。

 

自宅用不動産の場合、契約者が死亡した場合は団体信用生命保険にて

自宅ローンがなくなり無借金になります。

 

残されたご家族の選択肢として、住居は必ず必要なので

「そのまま住み続ける」というパターンが一般的なものではないでしょうか。

 

確かに、ローン返済をしなくて良いのであれば

住居費としての支出も減るわけですからそれだけでも助かります。

 

マンション経営の場合は自宅とは異なってきます。

残されたご家族の選択肢としては以下の通りです。

 

1.そのまま所有して家賃収入を得続ける

2.売却して現金化する

 

このように家賃収入という不労所得を生んでくれるだけではなく

ご自身が住むわけではないので「売却する」という選択肢も得ることが出来ます。

 

上記は一件所有の場合ですが、これが2件所有(A物件、B物件)になると選択肢はどうでしょうか。

 

1.A物件所有、B物件所有

2.A物件所有、B物件売却

3.A物件売却、B物件所有

4.A物件売却、B物件売却

 

このように物件数が1件増えただけで選択肢は2通りから4通りまで増えることになり

物件数が増えれば増えるほど、選択肢はさらに広がっていくことになります。

 

物件数が増えることで、ご家族の選択肢として

「家賃収入として○○万円確保し、売却して○○○○万円の現金をつくる」

ということも可能となりますので

生命保険では得られないメリットを享受することが出来ます。

 

machi_line2

 

2.なぜ生命保険として取り組む方が多いのか

 

「なぜ生命保険としてマンション経営を取り組む方が多いのか」というご質問に対して、

結論としては残されたご家族への手厚い保障だと考えます。

 

一般的な生命保険の場合、一括して保険金を受け取るか分割して受け取るかで選ぶことが出来ます。

生命保険の場合は額が決められている為、

運用でもしない限りそれ以上に増えるということはありませんので

綿密な資金計画が求められます。

 

中には無理に投資して増やそうとした結果、

失敗して目減りさせてしまう方も多いといわれます。

 

一般的な生命保険との違いとしてマンション経営の場合は、

給与収入と同じように家賃という形で毎月一定額の

“収入”を残してあげることができます。

取り崩す保険金とは違い、資金計画等も立てやすくなります。

 

特に小さいお子様のいるご家庭で母子家庭となると、ただでさえ働くこと自体が難しくなってきます。

また、仮に働けたとしても、特別な資格や技術、経験等がなければ

労働で得られる収入で多くを望むのは難しいのではないでしょうか。

 

そういう意味でも、ご自身の分身として投資用マンションを残し

家族が生活する上で必要な“収入”をつくってあげることが出来れば、

残されたご家族にとって理想だと考える方が多いのです。

 

machi_line2

 

3.マンション経営をすることで家計のコスト低減!?

 

上記のような手厚い保障を受けながらも家計のコスト低減が出来ると聞いたら信じられますか?

実際に当社で運用されている方でもマンション経営を始めることで

家計のコスト低減に成功された方は多く存在します。

 

そのカラクリについて説明します。

そもそも、団体信用生命保険の保険料は金利に内包されています。

毎月支払うローン返済に保険料が含まれているということです。

 

一般の生命保険の場合ですと、月払いや年払いにて保険契約者が支払いますが

マンション経営についてはローン返済等の毎月の支出を入居者からの家賃収入で

充てることができますので運用内容によっては

毎月の自己負担なく団体信用生命保険に加入出来るという考え方ができます。

 

生命保険文化センター(2013年12月)「平成25年度 生活保障に関する調査」によると

日本人の平均生命保険料負担は男性が平均20,083円/月、女性が平均15,166円/月となります。

一つの家庭で年間40万円以上の保険料負担が発生している計算になります。

不動産に続き、生命保険は人生で2番目に高い買い物と言われる理由です。

 

例えば加入している保険の中で医療保障はそのままでも

死亡保険金額を下げるだけでも保険料を下げることができます。

マンション経営をし、現状加入されている保険を見直すことで、

保障をより手厚くした上でコスト低減できるというわけです。

 

実際には、ご自身の生命保険の保障内容を把握していない

という方は多いのではないでしょうか。

 

把握されていないという方は必要以上の保障内容で

必要以上の保険料を支払っている可能性があります。

 

当社にはファイナンシャルプランナーもおりますので

保険に関する的確なアドバイスも可能となります。

是非お気軽にお問い合わせください。

 

machi_line2

 

4.まとめ

 

このように、マンション経営は団体信用生命保険によって

より魅力ある運用内容となっております。

生命保険として運用されている方が多いのもご理解いただけるかと思います。

ご自身だけではなく、大切なご家族にも多くのメリットを残してあげることが出来ます。

 

マンション経営を始めようとしてもご家族からご理解いただけないこともあるかと思いますが

大切なご家族から事前に反対されるようなことがあれば、

出来る限り一緒にお話を聞かれることを当社ではおススメしています。

 

ただし、気をつけなければならない点もあります。

団体信用生命保険に加入している時点で保険効果は得ることが出来ますが、上記にあるように

 

「家賃収入を得続ける」

「売却して現金化する」

 

についてはどのような物件でもよいかというと、それは違います。

 

せっかく団体信用生命保険が適用され無借金になっても、

入居者が入らないことで家賃収入がなければ意味がありませんし、

売却したくても出来ないという例は多くあります。

 

せっかく素晴らしい保険効果があったとしても、

物件次第では他のメリットを享受出来ないということも充分考えられるのです。

 

マンション経営で成功されている方もいれば、失敗して大変な思いをされている方も多くおります。

 

「どうして入居者が入らないのか」

「どうして家賃が下がってしまうのか」

「どうしてスムーズに売却出来ないのか」

 

そこには必ず理由があります。

当社では、マンション経営のメリットを最大限享受していただく為に、

検討する上で絶対に外してはいけないポイントやリスク事例とその回避方法などを

惜しみなく提供しています。

 

・大切なご家族への保障を手厚くしたい

・毎月のコストを抑えたい

 

という方は是非お問い合わせください。

関連タグ:

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop