マンション経営セミナーでしつこい勧誘営業はされませんか?

昨今、多くのメディアでも取り上げられインターネットや店頭でも

関連書籍が多数並ぶ「不動産投資」。

 

多くの方が関心を持たれてご自身で勉強されたり不動産会社へ資料の請求を行うなど

積極的に情報収集されておりますがそれと同時に各不動産会社でも

自社の魅力や不動産投資のメリットを伝えるために不動産投資セミナーを開催しており、

毎日、どこかでセミナーが開催されているぐらい活況となっております。

 

弊社東京ネットワースでもお問い合わせを頂いたお客様に

情報収集の一環として随時開催しております不動産投資セミナーへご案内もさせて頂いております。

 

多くのお客様が勉強やご自身で勉強されての疑問点やご不安な点を相談に

足をお運び頂くため大変ご好評頂いております。

 

しかし、ご案内させて頂くお客様の中には不動産会社からの悪質な勧誘行為を懸念されて

なかなか参加できないという方も残念ながらいらっしゃいます。

 

そこで今回はマンション経営セミナーについてご紹介致します。

 

machi_line2

 

《目次》

1.そもそもセミナーって参加したほうが良いの?

2.サクラやおとり広告、悪質なセミナーとは?

3.良いセミナーと悪いセミナーの見分け方

4.まとめ

 

machi_line2

 

1.そもそもセミナーって参加したほうが良いの?

 

不動産投資をご検討するにあたってご自身で独学で勉強して

インターネット上に掲載されている物件を購入して

マンションオーナーになるという方もいらっしゃいます。

 

たしかに不動産投資に関する情報は溢れておりますから独自で情報を収集して

マンション経営をスタートされるのも一つの手段だと思います。

 

しかし、私共としてはマンション経営セミナーに参加されることを推奨致しております。

それは弊社のマンション経営セミナーに限らずです。

では、何故セミナーに参加した方が良いのでしょうか。

 

【セミナーに参加した方が良い理由】

 

・最新の不動産市況が分かる

・ネットや書籍では入手できない情報の取得

・多くの経験に基づく多角的なアドバイス

・欲しい情報を効率良く得られるため機会損失を防げる

 

・最新の不動産市況が分かる

一般の投資家の方は基本的にインターネットや

書籍を通じて不動産関連の知識を得ていることと思います。

 

たしかに簡単に検索でき膨大な量の情報が掲載・記載されておりますが

皆様はその情報が最新のものかどうか判断できますでしょうか。

また、過去の情報は入手できますがこれから先の情報や予測は入手できますでしょうか。

 

不動産投資は物件を購入したら終わりなのではなくスタートです。

必要なのは過去の情報ではなくこれからを予測するための未来の情報ではないでしょうか。

 

どうしてもネットや書籍で手に入る情報は筆者の過去の経験談が主になってしまいます。

他のオーナーの経験から学べることも多いですが実際に運用を行うのは皆様のご自身なのです。

 

そういった意味で常に新しい情報にアンテナを張り巡らせ情報や市況の最前線にいる

不動産の営業マンこそが将来の運用の手助けができるのではないでしょうか。

 

・ネットや書籍では入手できない情報の取得

インターネットや書籍等で入手できる情報は上述しました通り過去の情報が多くなってまいります。

しかし、セミナーや不動産会社の営業マンから得られる情報は「生きた」情報です。

 

新規の物件の情報はもちろん、営業の担当者によっては会社毎の管理や

自社ならではの仕組みなど不動産投資を提案する側だからこそ持っている情報も多くございます。

 

なかには常に他社の物件や管理システムと自社の物件や管理システムを比較して

それぞれの特徴やメリットやデメリットを勉強している営業マンもいます。

そういった営業マンが担当になった場合はそれ以上に「生きた」情報はないのではないでしょうか。

 

・多くの経験に基づいた多角的なアドバイス

不動産の営業マンは多くのオーナーや不動産投資を検討されている方と

面談させて頂く機会がございます。

 

皆様、マンション経営をお始めになる目的や状況はそれぞれです。

年金対策、相続や贈与、生命保険の代わりとして検討されている方もいらっしゃいます。

 

また、融資を活用したい方、親からの相続した資金の運用を検討している方、

ご子息へ資産を引き継ぎたい方など一人一人にあった資産運用の方法がございます。

 

そういった皆様のお考えやご状況から過去の経験を基に最適な提案を受けることができます。

例えば相続対策をお考えの方でも節税ができればなんでも良いのかといったらそうではありません。

 

せっかくご家族ために相続対策を行うのなら多くの資産を遺すだけでなく

より優良な資産を遺すべきです。

 

しかし、目先の数字ばかりに目を取られ将来の予測を十二分に行わないまま

先祖代々の土地を活用しての相続対策を行い、相続税の課税対象は圧縮できたが、

その遺された資産がご遺族にとっては重荷になってしまったという例もございます。

 

マンション経営含めて不動産投資に大切なのは10年後、20年後を見据えた中長期的な視点です。

そのエリアの賃貸需要や開発等の将来的な展望の見極めや

予想されるランニングコスト等の総合的な収支や出口戦略、

お客様のご年齢や家族構成などのご状況次第でも運用プランは変わってまいります。

 

多くのお客様とご面談させて頂いた経験に基づいたお客様のご自身のご状況に即したアドバイスは

インターネットや書籍では受けられないのではないでしょうか。

 

・欲しい情報を効率良く得られるため機会損失を防げる

ある程度、ご自身でお調べになっていくとネット掲示板などで得られる情報が

同じような内容のものや欲しい情報が見つからないというご状況になるかと思います。

 

インターネットや書籍等の優れているところは多種多様で膨大な情報が簡単に手に入ることです。

ですが、すべてが正しい情報というわけではないですし、

情報量が多いがゆえに欲しい情報を得るために逆に時間を費やしてしまうこともございます。

 

しかし、不動産の営業マンなら必要な情報の提供はもちろん

その補足や内容によっては具体例なども挙げて分かりやすく伝えてくれるはずです。

 

仮に分からない場合でも他の営業マンとの情報の共有やインターネット等で検索するにしても

必要な情報を咀嚼して回答を得られるはずです。

 

そして最大の利点は検討時間を短縮できる点です。

弊社にお問い合わせ頂く方のなかには、

数年前に一度、不動産投資を検討したことがあるという方も少なくありません。

 

皆様になぜ検討を一度、辞められたのかご質問させて頂きますと

興味はあったが仕事が忙しくて…

その当時はすぐに始めなくてはいけないわけではなかったから…など

 

十分な検討時間が取れない、設けないために

ご自身に必要か否かやその際の市況など勉強できず

再度、話を聞いて「あの頃始めてれば…」とおっしゃられるのです。

 

検討時間を短くするということは、けっして見切り発車で

マンション経営をスタートして頂きたいということではなく

集中して内容を理解することで不動産投資だけでなく

他の金融商品を含めた資産運用の時間を作って頂きたいという事です。

なおかつ、中長期的な資産運用ならばリスクを抑えてリターンを得られます。

 

例えば60歳から65歳定年時に年金の補てんとして月10万円得られる資産運用と

30歳から65歳定年時に年金の補てんとして月10万円得られる資産運用ならば

当然、後者の方がリスクも低く手段も圧倒的に多いです。

 

前者の目標を達成するにはある程度の自己資金とリスクを見越した金融商品に絞られてしまいます。

仮に後者と同一の資産運用を行ったとしても月10万円の補てんを得られるのは

70代後半や80代ぐらいになってしまうでしょう。

 

そのためリスクの軽減、目標としているライフプランの達成のためには

検討時間を短縮することによって機会損失を抑える必要がございます。

 

machi_line2

 

2.サクラやおとり広告、悪質なセミナーとは?

 

マンション経営セミナーへの参加自体は可能ならばした方が良いということを

前述ではお伝えいたしました。

 

しかし、どんなセミナーでも参加する意味があるのかというと

必ずしもそうとは言い切れません。

 

ここまでの内容は全てセミナーを開催している不動産会社、セミナー講師、

担当の営業マンが誠実でお客様の利益を一番に考えていることが前提の話です。

 

しかし、残念ながらそうではない不動産会社や営業マンがいるため

不動産投資に悪いイメージを持たれている方や運用したはいいが失敗されて

負債に悩まされているオーナーがいるのです。

 

実際に弊社にお問い合わせ頂いた方から過去に受けたセミナーの感想や

受けた悪質な勧誘行為などいくつかご紹介させて頂きます。

 

ケース①『セミナーのタイトルと内容が全然違う!』

不動産投資に関心を持ち始めたばかりY様

 

初めて参加するセミナーだったので「初心者向け」と

「メリットやリスクを全て教える」というタイトルに惹かれて参加したそうです。

 

しかし、実際の内容は冒頭でメリットについて触れただけで

そこから先は会社の案内が8割以上!

 

不動産の仕組みよりも『自社の物件だったら絶対に儲かります!

皆さん始めていますから早く始めないと完売してしまいますよ!』といった

自社のPRや儲かるということを終始アピールするセミナーだったそうです。

 

→多くの不動産会社で不動産セミナーは開かれています。

当然、不動産会社が開催しているセミナーですので最終的な目標は

自社の物件を購入してもらうということになります。

 

しかし、不動産会社の中には上記のケースのように知識のない方へ十分な説明もなく

押し売りのように自社の物件をアピール業者も少なくありません。

 

このようなセミナーを開催している不動産会社は

その後のリスク説明や物件購入後の管理なども雑なことが多く

オーナーの資産を守るという意識が薄い会社が多いと思われます。

 

ケース②『参加してみたらサクラばかり!?』

セミナー参加数はすでに3回目で勉強のためにいろいろなセミナーに参加していたN様

 

開場時間よりも早めに到着してしまい、少し早すぎたかもとセミナー会場に入ったら

すでに中には10名近くの参加者が。雰囲気も明るく参加者同士での会話も聞こえて

良いセミナーかもしれない。と感じていたそうです。

 

セミナー自体も順調に進み質疑応答の時間ではいろんな質問が飛び交い活気もあり

こんなに積極的な人たちも多いことに感心していると、

休憩の時間に隣に座っていた受講者の1人から声を掛けられ何気なく会話することに。

 

希望する物件やエリアの話から勤務先や年収など多くの質問が投げ掛けられる内に怪しく感じていると、

この方はすでに何度もこの会社のセミナーに参加している方らしく

信頼できる担当者がいるから紹介してくれるとのこと。

しかし、すでになんだか怪しく感じていたN様はお断りをして会場を跡にしたそうです。

 

→上記の場合は必ずしもサクラとは言い切れないケースです。

本当にこの不動産会社のセミナーが気に入っており何度もリピートしている方で

親切で担当者を紹介してくれようとしたのかもしれません。

(実際、弊社のセミナーにも何度もリピーターとなって参加される受講者様もいらっしゃいます。

しかし、参加されるセミナーの内容自体は毎回異なっておりますが。)

 

他の方のお話を聞いていてもサクラなのかもしれないという例は多々あります。

 

・質疑応答の時間に質問が矢継ぎ早に上がる

・質問の内容が会社のPRでは?と思うような内容

・他のセミナー受講者が根掘り葉掘り自分の状況を聞いてくる・・・など

 

サクラはいけないのか?

 

先に述べさせて頂きますと

弊社東京ネットワースのセミナーではサクラはいません。

 

しかし、不動産投資に限らず毎日いたる場所でセミナーや勉強会といったものは開かれています。

中にはサクラを入れているセミナーもあるかもしれません。

では、必ずしもサクラはいけないことでしょうか。

 

質疑応答で聞きたいことがあっても場の雰囲気で質問できないという方や

参加人数が少ないと気後れしてしまうという方もなかにはいらっしゃるかもしれません。

 

一般の受講者の方が参加しやすい雰囲気づくりという点においては

一部認められる場合もあるかもしれません。

 

しかし、それだけに留まらず一般の受講者に早く始めなくてはいけないという焦りや煽りを与えたり、

個人情報を不正に入手するという目的でのサクラは認められるべきものではありません。

 

特に他の受講者のように自分も早く物件を購入しなくてはいけないと焦らせて

不動産投資におけるリスクやポイントを確認及び検討する時間を設けさせないようと

意図して行われるセミナーは大変危険です。

 

ケース③『広告に掲載されている物件がない!』

 

最近、話題になっている『おとり広告』による被害です。

M様はネット広告で利回り20%と記載されている都心部の物件に興味があり

その会社が開催しているセミナーに参加したそうです。

 

セミナー内では高利回り物件を紹介しているだけあり

物件の選択基準は利回り20%や30%の物件なら絶対に儲かるといった内容だったとのことです。

セミナー終了後に担当者と面談する時間もありネットに掲載している物件について確認したそうです。

 

ですが、担当者からは「その物件は売れてしまいましたが、

こちらの物件も同じぐらい良いですよ。」と別の物件の紹介を受けたそうです。

 

たしかに利回りは20%以上で高利回り物件でしたが

立地が問題で地方の名前も聞いたことのない町の物件だったそうです。

 

→実はこういった『おとり広告』による問題は以前から言われており

主に投資家からの問い合わせを増やす集客目的で条件の良い物件を

成約後も掲載し続けている不動産会社が多々あるようです。

 

昔から行われていた『おとり広告』、最近では規制も厳しくなっており問題とされておりました。

昨今では不動産業界の自主規制団体の「首都圏不動産公正取引協議会」が対策を進めており、

すでに摘発された例もございます。

 

また、もともとこのM様は都心部の高利回り物件を探されており

いくつかのセミナーや不動産会社に問い合わせしては

希望の条件にあった物件はないか確認していたとのことで

地方ならいくらでも利回りの高い物件があることはご存知でした。

 

しかし、不動産の知識も少なく単純に物件の利回りだけを見ている方の中には

『おとり広告』に釣られてセミナーに参加し半ば強引に

リスクの大きな地方の物件を購入してしまったという方も多いようです。

 

昨今は少なくなってまいりましたが

契約するまで受講者を帰さない、昼夜問わず日に何度も営業の電話が来るなど

強引な手法のセミナーや勧誘もございますのでこちらも注意が必要です。

 

machi_line2

 

3.良いセミナーと悪いセミナーの見分け方

 

弊社のセミナー受講者様から頂いた過去に受けた悪質なセミナー

不動産会社のポイントをいくつかまとめさせて頂きますと

 

・「絶対に儲かるから」と勧誘してくる。

・超高利回り物件ばかりを紹介している。

・何度断っても連絡してくる。

・セミナーのタイトルと内容が全く異なる。

・自社PRばかりで不動産投資に関する内容が薄い

・メリットや良いところばかりでリスクの説明がほとんどない。

・すぐに契約するように急かす。

 

※上記は一例にすぎません。該当するポイントがある不動産会社が

全て不誠実で悪質なセミナーや勧誘等を行っているわけではありませんので

一つの参考程度にして頂ければと思います。

 

マンション経営セミナーの良し悪しは参加してみなくてはなかなか見えづらいです。

ですが、上記のポイントのいくつかは事前の電話の応対や

メール等での連絡で感じられる点もあるかと思います。

 

その不動産会社のHPがしっかりしているか、新聞等にも何度もセミナーの案内がされているか、

セミナーへの申込での電話の応対や申込んでから開催日になっても一切の連絡がないなど

不動産会社の担当者からその会社の良し悪しが分かる場合もございます。

 

不誠実な対応やしつこい勧誘など行われている会社のセミナーは

なるべく避けたほうが良いかもしれません。

 

上記のポイントとは別に参加して良かったと思えるマンション経営セミナー

担当者についても簡単にポイントをまとめさせて頂きます。

 

・セミナー内容が客観的でデータや市況に基づいた内容で構成されている

・メリットだけでなくリスクについてもしっかり解説されているセミナー

・担当者が誠実で不明点や相談に対する回答が早い

・新聞や広告等でも取り上げられており何度も開催されているセミナー

・受講者1人1人に合った提案や物件の紹介をしてくれる不動産会社

・過去のセミナー内容がホームページで確認できた

 

上記のポイントが弊社のセミナー受講者様より頂いた

今までに参加したセミナーや不動産会社、担当者の良かった点です。

 

不動産会社が開催しているセミナーですので

どうしても営業という意味合いが強く、

受講者の状況や考えを無視した提案や紹介が多くなりがちですが

中には1人1人のライフプランやご要望に沿った内容や検討方法の指針になるような

アドバイスを行うセミナーもございます。

 

machi_line2

 

4.まとめ

 

マンション経営セミナーへ参加することは

今後、資産運用や物件検討を行う上で、参考になる点やその会社独自のノウハウなどを

学べる絶好の機会となります。

 

また、インターネットや書籍等では気づけなかった

客観的な視点に気づけるチャンスでもございます。

 

是非、積極的に参加して頂ければと思いますが

しかし、悪質な勧誘や偏った内容のセミナーなども残念ながらございます。

 

優良な不動産会社や営業マンの見極めは難しく

セミナーに参加するまで事前に判断も付きづらい点も多々あるかと思います。

 

万が一、悪質なセミナーに参加してしまい無理な契約等をしてしまった場合

下記に各相談窓口のホームページまでご相談ください。

 

国民生活センター

消費・生活に関する問題やその解決方法のご相談なら

 

不動産適正取引推進機構

不動産取引・不動産に関するトラブルのデータベース

 

東京都都市整備局住宅政策推進部・不動産業課

一般の不動産取引の仲介会社への異議申し立て等に関するご相談

(こちらは東京都における相談や苦情を受付ております。

この他にも自治体毎に担当部署がございますので、そちらへお問い合わせください。)

 

また、弊社でも不動産投資に関するご不明点やご相談などもお受け致します。

是非、お気軽お問い合わせください。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop