生命保険の保険料のように団体信用生命保険の保険料も上がるのですか?

居住用・投資用に関わらず住宅ローンを組んだ際に加入する団体信用生命保険(団信)。

最近では不動産投資のメリットの1つとして生命保険効果が注目され始めています。

 

machi_line2

 

《目次》

1.団体信用生命保険(団信)とは

2.一般的な生命保険の種類と保険料の値上がり

3.団体信用生命保険の保険料は上がるのか?

4.まとめ

 

machi_line2

 

1.団体信用生命保険(団信)とは

 

団体信用生命保険、通称「団信」とは

先にも挙げさせて頂きました通り自身での居住用でも他者への賃貸でも関係なく

住宅ローンを組む際に金融機関より加入することを求められる保険のことです。

 

必ず加入する義務があるわけではありませんが、ほとんどの金融機関で加入を必要とされており、

住宅ローンを申し込んだ名義人が万が一、

死亡若しくは高度障害(失明・言語機能の失墜など)になった場合に、

金融機関が残った住宅ローンを支払ってくれるということです。

これは貸し出す側の金融機関にとってもリスクを減らすことができます。

 

団信に加入していることによって住宅ローンの債務者が死亡若しくは高度障害状態になった場合でも

住宅ローンの残債は金融機関が受け取った保険金で清算することができます。

 

通常の団信の保障内容では死亡、高度障害を対象としておりますが

金融機関によってはこれに加えてがん・脳卒中・急性心筋梗塞の三大疾病保障付団信や

がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変(慢性膵炎)

を対象とした七大疾病保障付団信などもございます。

 

金融機関がローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むため、

掛け金も安く、加入時の年齢による負担の違いも発生しません

 

machi_line2

 

2.一般的な生命保険の種類と保険料の値上がり

 

そもそも一口に生命保険と言っても

各保険会社が販売している保険商品によって細かい違いがございます。

そこで大まかな特徴ごとに4種類に大別してそれぞれの特徴について簡単に解説致します。

 

・定期保険

もっとも基本的なタイプの保険で一定期間のみ保障が有効なものです。

 

特徴として

・掛け捨て型のため、保険料が安い

・保証期間終了後は病気や怪我に対しての保障は一切ない

 

・養老保険

保障と貯蓄の両方を備えた保険です。

 

特徴として

・貯蓄型も加味しているため保険料が高い

・保証期間終了後は病気や怪我に対しての保障は一切ない

・満期を迎えると死亡保障額と同額程度の保険金が支払われる

 

・終身保険

貯蓄型で保障が一生涯続く保険です。

 

特徴として

・保険料の支払いが満了すると保障が一生涯続く

・死亡保険金を必ず受け取ることが可能、遺族次第で一括または分割を選択可能

・一生涯、保障が続くので長生きするほど恩恵を享受できる

 

・年金保険

保障よりも貯蓄としての要素が強い保険

 

特徴として

・払込期間の終了後は被保険者が生存中は一生涯、保障が続く

・万が一、払込期間完了前に被保険者が亡くなった場合、保険料払込相当額を死亡保険金として受取れる

・保険としてよりも老後の備えとして扱われる

 

以上が生命保険の種類と主な特徴となります。

生命保険の中にも上記のようにその性質ごとに大きく分けても4種類あり

さらに、その中でも保険会社の販売する保険商品次第で細分化されています。

 

保険に加入している人の中には家族や会社などの付き合いで加入して

自身が入っている保険の保障内容も理解せずに毎月保険料を支払っている方も多いようです。

 

「更新型」・「全期型」

生命保険の保険料にも「更新型」と「全期型」の2種類ございます。

 

・更新型   

更新ごとにそのときの年齢から求めた保険料に改定

 

・全期型

加入から払込満了時まで保険料が一定

 

%e3%83%bb%e3%83%bbmin

 

通常、「更新型」の生命保険は、加入当初は「全期型」と比較して保険料は低く抑えられますが

更新ごとに保険料が上がります。

 

また、保険会社より販売されている保険商品では「更新型」が多いので

年齢を重ねるたびに保険料は増額されるというのが一般的です。

 

若い人よりも高齢者の方が年齢とともに病気に対するリスクが高まります。

そのリスク分を保険加入者は負担することになるからです。

 

更新のタイミングは保険商品や保険加入者によって異なりますが、

たいていの方は10年、15年ごとの更新にされていると思います。

 

例えば30歳で15年更新の定期保険に加入した場合45歳に更新の見直しが行われます。

更新時には30歳の時点での保険料ではなくて45歳の年齢相応の保険料が適用されます。

 

この時の保険料の上がり幅は保険会社や保険商品ごとに異なりますが

更新前の保険料の2倍以上になる場合もございます。

そして当然、次の更新の60歳でも更新できるのであれば保険料はさらに増額致します。

 

また、定期保険などでこういった更新型の保険商品は保険料が安く、手厚い保障内容ということで

若い方から人気がございますが、

注意しなくてはならないのは、「自動更新」です。

 

自動更新とはその名の通り10年、15年の更新時期でも手間なく更新できる仕組みではございますが

先にも挙げた通り更新時というのは保険を見直すタイミングであるのと同時に

保険料が上がるタイミングでもありますので

知らず知らずのうちに保険料が上昇している場合や

保障内容が自身の生活に適していないのに入り続けている方もいらっしゃいます。

 

「5000万円の保険に入っているから老後は安心だ。」と思っていたら

しっかりとその中身を理解しておらず高い保険料を満了した時に初めて

自身が定期付終身保険という200万円の主契約と定期保険4800万円の保険商品に加入していたと知り、

老後に十分な備えを残すことが出来なかったという場合もあるようですから

ご自分が加入している保険商品の保障内容とその特徴などをしっかり把握することが大事です。

 

年齢だけではない!?マイナス金利でも保険料は上がる!?

 

生命保険の保険料が上がるタイミングは年齢が上がった更新時ということを

上記では述べさせて頂いておりましたが

実は年齢だけではなくマイナス金利のような社会情勢の影響でも保険料は上がります。

 

日本銀行が導入したマイナス金利により銀行の預金や住宅ローンの金利が下がり

一部の商品が販売停止や保険料の値上がりなども行っております。

 

マイナス金利というのは日銀に預けているお金の一部の金利をマイナスにするという施策です。

 

マイナス金利や金融市場への影響についてなどは

ここでは割愛させて頂きますが、結果として国債などの長期金利なども下がり

銀行などの金融業は安定して資産の運用を行うことが困難になりました。

 

保険会社はあまりイメージされておりませんが業務形態として銀行などの金融業と同じです。

一般の個人から資金を集めて、株や国際で運用して増やしたお金で保険金を支払っています。

集めたお金を保険金に支払うだけでは人件費や設備費などが払えず会社として成り立たないからです。

 

しかし、集めたお金はいずれ保険金として支払わなくてはならないので

保険会社は投資先としてリスクの高い投資商品は選択できず

運用先としてリスクの少ない国債を積極的に選んでいます。

 

そのため、マイナス金利の影響により国債の金利が下がると

保険会社は予定通りの運用が困難となりますので

足りない分を補填するために保険料の値上げが必要となるのです。

これから更新を控えている方、生命保険を考えている方は

さらなる保険料の値上がりの可能性が高いです。

 

machi_line2

 

3.団体信用生命保険の保険料は上がるのか?

 

ここまでは簡単な団信の仕組みと生命保険の種類、そしてその保険料が上昇する要因として

更新時の年齢に比例することとマイナス金利などによる社会情勢による影響などについて

ご説明致しました。

 

団体信用生命保険の保険料は上がらない

 

結論から申しまして団信の保険料は上がりません

団信の保険料は一般的な生命保険のように保険者の年齢に関わらず

融資の金利分に含まれています。

 

そのため30歳の方でも50歳の方でも同額の保険料で加入することできます。

年齢が上がるにつれて保険料が高額になる生命保険などと比べても大きな利点となります。

 

また、すでに加入している生命保険の保障内容とも重複している可能性もあるため

保険内容の見直しで生命保険の保険料が安くなる場合もございます。

 

保険商品との比較

 

不動産投資ではローン完済後に毎月家賃収入を受け取ることができます。

そのため終身保険や年金保険のような保険料満了後に

一生涯、保障を受け続けることができる保険商品と比較されます。

 

たしかに、不動産投資も終身保険や年金保険なども老後の備えとして有効ではございます。

しかし、不動産投資の優れている点は

終身保険や年金保険は保険者が生存中のみ、その保障を受けられるのに対して

不動産を所有している限り半永久的に家賃収入を受け取れる点です。

 

保険料の満了後に万が一、10年ほどで保険者が亡くなった場合、

それ以降はご遺族は保障を受け取れませんが

不動産なら保険者の子や孫の代までも家賃収入が得られ、

尚且つ売却してまとまった額を受け取るという選択肢までございます。

 

また、先に挙げた通り年齢によって保険料が上がる生命保険では更新のタイミングで

増額した保険料のため保障内容の変更を余儀なくされる場合もございますが

年齢に応じて保険料の負担が変わらず安定したライフプランの計画が立てられるということも

不動産投資をお始めになった方が生命保険を見直しされている大きな理由の一つです。

 

machi_line2

 

4.まとめ

 

一般的な生命保険では若い方ほど加入時の保険料が安く病気や怪我のリスクが高まる

高齢者は相対的に高額になる傾向がございます。

しかし、団信の保険料は20代でも50代で加入しても同額で、

なおかつ同等の保障を受けられます

 

さらに10年、15年程度で更新がある生命保険ではその都度、年齢に応じた保険料に増額するため

保険商品によっては更新前の2倍に保険料が上がったというケースもございますが

団信の場合は金融機関への金利分に保険料が含まれているため

更新時に保険料が上がる心配もございません。

 

不動産投資による高い生命保険効果から弊社で運用されるオーナー様の中には

物件の購入と合わせて加入されている生命保険の見直しをされている方もいらっしゃいます。

 

不動産投資を始める前と同等以上の保険効果を得られながら保険料を低く抑えられる場合

ありますので

是非、ご自身が不動産投資を運用した場合のシミュレーションなどをご確認頂いて

現在、ご加入頂いている生命保険の保険料なども合わせて

今後のライフプランをご検討されると良いのではないでしょうか。

 

弊社東京ネットワースで皆様が実際に運用した場合のシミュレーションを無料で作成しております。

また、ファイナンシャル・プランナーを始め、各種有資格者が在籍しておりますので

皆様のお考えやご状況に沿ったご提案をさせて頂けます。

是非、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ:

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop