節税効果は毎年同じだけあるの?

マンション経営による節税効果は初年度と2年目以降で異なります。
マンションを購入した初年度は、購入にかかった諸費用と減価償却費を計上できます。

ですので帳簿上は、不動産所得がマイナスとなり、所得税・住民税を大幅に減らし、
かなりの節税効果を生み出すことができます。

2年目以降は、購入にかかった諸費用が計上できなくなるため、それを除いた固定資産税やローン金利、
修繕費・保険料、減価償却費等のみが毎年計上されます。

その結果、いずれは不動産所得がプラスとなって、節税効果はほとんどなくなってしまいます。

マンション経営をお始めになる際には、初年度だけでなく、数年間の事業収支予測をシミュレーションした
上で検討されるのがいいでしょう。

2年目以降の節税効果に関しては、あまり期待ができませんが、マンション経営にはその他にも多くのメリットがございます。

きちんと計画を立て、収益が上がる方法を検討するようにしましょう。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop