金利上昇リスク

金利上昇リスクとは、住宅ローンの金利が上昇した場合、当初見込んでいた返済額に差が生じてしまうリスクのことです。

リスクを回避するには・・・

金利上昇リスクを回避するには万が一の時に備え自己資金を確保し繰り上げ返済に充当する事が大切となりますが、最も重要な事は、「金利」によってお客様の収益性が大きく変わってくる為、借り入れ当初の適用金利を出来るだけ「低金利」かつ「好条件」の融資を組む事です。東京ネットワースでは、厳選したエリアで物件の開発を行っている為、入居率は極めて高くこれらの実績が様々な金融機関から高く評価されており金融機関の取引数は業界でもトップレベルの現在20行以上と取引しており、お客様にあったローンバリエーションを低金利でご案内する事が可能です。

そもそも金利が上昇するタイミングとは?

国内の経済情勢において、インフレ懸念が強まったり、景気が過熱した場合などに中央銀行が政策金利を引き上げる政策(利上げ)をとります。一般に、利上げを行う前にインフレ懸念や過熱景気の市場となっており、利上げを行うことによって市場金利が上昇し、企業の設備投資が抑制され、個人の消費意欲も衰えます。つまり、過熱景気にブレーキをかけるタイミングで金利は上昇しています。

「東京23区公示地価と長・短期プライムレートの推移」

地価公示 区市町村別用途別平均価格の推移(東京都財務局)
長・短期プライムレート(主要行)の推移(日本銀行)

景気動向指数上での1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に、日本で起こった株式や不動産を中心にした資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象をバブル景気《資産の過度な高騰、経済拡大期間を指すこと》と呼びます。

1985年から1987年にかけて、公示地価は上昇していますが、長・短期プライムレートは下落しています。その後、1991年まで公示地価の上昇とともに長・短期プライムレートも上昇しています。つまり、上のグラフからもお分かりいただけるように、先にインフレ傾向・不動産価値の上昇が起こり、その後、過熱景気抑制のために金利が利上げされています。

金利上昇時の関係図

金利の上昇が大きいほど、変動幅も大きくなります。

つまり、金利上昇時の関係としては...

金利の上昇時は、ピンチなのではなく、実はチャンスなのかもしれませんね。


取引金融機関による「低金利」でリスク回避!!

取引ローンで「少額自己資金」「低金利」「長期借入」などの好条件で負担減少。

金利上昇時には「売却」「繰り上げ返済」でリスク回避!!

金利上昇時は「売却」「繰り上げ返済」検討のほか、経済情勢の見通しでの「所有」も重要。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop