空室リスク

空室リスクとは、所有している部屋に入居者がつかず、その間の賃料収入が見込めない為想定した賃料収入が減少するリスクのことです。

リスクを回避するには・・・

当然、空室期間中は、賃料収入がない為、融資を利用しマンション経営を取り組まれた場合は、返済のみとなり、金銭的な負担が生じるだけでなく精神的な負担も生じます。その為、空室リスクは、マンション経営を行う上で最も注意しなければならないリスクとなります。賃貸需要の高いエリアでマンションを所有する事は必須条件となり、人口増加の著しい東京の中でもさらに入居率が高い都心16区の物件を選ぶことをお勧めします。東京ネットワースでは、土地の仕入れ専門会社という強みを活かし、賃貸需要が高い都心16区エリアに特化し物件を開発している為、高い入居率(99.15%)を維持しております。また、賃貸管理メニューの一つとして空室保証システムをご用意しており空室時の賃料が0円になってしまうリスクを回避するシステムもご用意しておりますので安心してマンション経営を取り組む事が可能となります。

東京都と地方都市(愛知県・大阪府・福岡県)の空室率比較

東京都と地方都市(愛知・大阪・福岡)の空室率を比較しているグラフからも分かる様に、東京都の特徴といたしまして、東京都の空室率は全国平均よりも約4.5%も低いということが分かります。また賃料収入の額も地方都市に比べて東京都は高額なので、マンション経営をおこなうエリアとして非常に魅力があります。

東京都の世帯数の予測グラフを見てみますと、総世帯数約663万世帯のうち単身世帯数が約308.9万世帯と約半数が単身世帯となっております。ワンルームマンションの入居者は単身世帯ですので、東京都ほど単身者世帯の増加が安定し【人・モノ・金】が集まるエリアというのは、日本全国を探しても東京都心部しかありません。長期で運用するマンション経営には非常に適しているエリアと考えられます。

それでも空室が不安な人には東京ネットワースの
サブリース(一括借上)システムをご利用ください。

サブリースシステムを活用する事で、初めてマンション経営を行うオーナー様や複数の物件を運用をしたいオーナー様などには、心的ストレスと金銭的なストレスが同時に解消できる東京ネットワースのサブリース(一括借上)システムがお勧めです。サブリースの手数料や条件等に関しては、弊社アドバイザーにお気軽にご相談ください。


東京の中でもさらに入居需要の高い都心16区に物件を所有する。

全国の平均空室率や地方都市の空室率を比較しても東京都の空室リスクは低いので、マンション経営には適しているエリアとなっております。また、空室率が低いという事は賃料も安定しているので家賃下落や資産価値も落ちにくいという事にもつながります。

サブリース(一括借上)システムを活用する。

入居者の有無に関わらず、毎月決まった賃料が口座に振り込まれますので、空室時に受け取り賃料が0円になってしまうというリスクをカバーする事が出来ますので、安心してマンション経営をスタートする事が出来ます。

マンション経営のお悩み お客様からよくある質問はこちら

女性向けページ

新着情報

PageTop